公共工事入札で落札し仮契約を結んだ業者が指名停止処分を受けた場合、契約を解除できる規定を策定する動きが、佐賀県内の市で広がっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加