鳥栖-柏 前半、今季初出場した鳥栖DF岩下=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サガン鳥栖は金明輝新監督が正式就任後、初の公式戦を引き分けで終えた。

 前半立ち上がりから柏に主導権を握られたが、鳥栖は球際で激しく競り合って対抗。移籍後初出場となったDF岩下が自陣から前線にパスを送り、FW豊田らがポストプレーでつなぐ形で好機をつくった。37分にはゴール前で豊田、MF高橋義が立て続けにシュートを放ったが、いずれも相手守備陣に防がれ、0-0で折り返した。

 後半も攻勢に出たのは柏。鳥栖は再三、中央からの突破を許して押し込まれたものの、DFガロビッチらが体を張ってピンチの芽を摘み取った。スコアレスのまま迎えたロスタイム、途中出場のFWイバルボのロングスローにガロビッチが頭で合わせたが、ゴールネットは揺らせなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加