さまざまな化粧品や健康商品が並んだ「ハナマルシェ2019」=唐津市本町の旧唐津銀行屋外

 美と健康をテーマにしたイベント「Hana Marche(ハナマルシェ)」が4日、唐津市本町の旧唐津銀行屋外で開かれた。県内外のオーガニック化粧品や専門家によるトークショーなど多彩な企画で盛り上がった。

 ビューティーエリアには20ブースが出店。唐津や玄海町の素材を活用する「Karatsu KIREIKA」は3ブース併設。「TBK」(唐津市)は加唐島のツバキ油を使った化粧品を紹介、「OHACCO(オハコ)」(同市)は酒かすを用いて整腸、美白効果のある美容クッキーを販売。「Lucesta(ルーチェスタ)」(玄海町)はドライフラワーによるボタニカルキャンドルを展示した。

 ステージではメイクアップアーティストの早坂香須子さんらによるトークショーがあり、オーガニック製品に対する思いを来場者に訴えた。ワークショップでは唐津産のかんきつ類を原料にしたルームスプレーづくりがあり、親子連れなどが楽しんだ。

 同イベントはコスメ産業の集積を目指す唐津コスメティック構想のPRイベント。3回目の今年はジャパン・コスメティックセンター(JCC)が主催した。市内の30代女性は「心血注いだコスメや健康食品がたくさんありました」と買い物を楽しんでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加