基礎練習に力を入れている鬼塚中陸上部

 新入部員を2人迎え、男女15人の鬼塚中陸上部は、夏の県中学総体に向けて日々練習に取り組んでいる。3年生の安慶譲克のりかつ主将は「部員たちはよく話を聞いてくれるし、明るくて楽しいチーム」と印象は語る。

 練習は平日が1時間半で休日は2~3時間。昨秋からミニハードルなどの基礎練習に力を入れる。安慶主将は「部員一人一人が常に自己記録更新を念頭に置いて練習している」と話す。

 チームは着実に成長し、県大会上位を狙える選手も出てきた。顧問の池田憲治教諭(63)は「全体が前向きになってきている。ぜひ、九州大会に進んでほしい」とエールを送る。

このエントリーをはてなブックマークに追加