国内有数の麦産地である佐賀の魅力を伝えるイベント「麦秋カフェ」が11、12の両日、佐賀空港北側の麦畑(佐賀市川副町犬井道)で開かれる。軽食やコーヒーを味わいながら、収穫期を迎えた黄金色に輝く畑を観賞してもらう。

 初夏の風物詩「麦秋」を観光資源にしようと2012年から開き、8回目。

 香り豊かな高品質コーヒー、ローストした麦芽入りアイス、長いソーセージをパンに挟んだ「三重津海軍ドック」を販売する。マルシェコーナーではアスパラやタマネギ、トウモロコシ、トマトなど旬の地元産野菜を並べる。主催する実行委スタッフによるツアー、自転車の貸し出し、フィンランドの伝統的な装飾品「ヒンメリ」を県産麦わらでつくるワークショップも開かれる。

 午前11時、午後3時からのコンサートでは、実行委が作詞作曲した歌を初披露する。問い合わせは市観光協会、電話0952(37)7489。

このエントリーをはてなブックマークに追加