危険を顧みず、人命救助に当たったとして、佐賀県内から2人が警察庁長官から感謝状を受けた。県内での長官感謝状は1967(昭和42)年9月に伊万里市の集中豪雨での救助活動以来、ほぼ半世紀ぶり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加