大声で思い思いの言葉を叫んだ参加者=佐賀市富士町の北山少年自然の家

真剣な表情で絵を描く子ども=佐賀市富士町の北山少年自然の家

 「こどもの日ファミリーフェスタ」が5日、佐賀市富士町の北山少年自然の家で開かれた。好天にも恵まれ、大勢の家族連れが足を運び、普段は言えない思いを叫ぶ大声コンテストや大きなキャンバスに自由な絵を描くアート体験を楽しんだ。

 今年で5回目となった大声コンテストには23組の親子やきょうだいが参加。「大きくなったら何になるの」「子どもが好きだから保育士になる」という親子の掛け合いや、「お父さん、お母さん大好きだよ」と日ごろの感謝の気持ちを込める子どもの姿もあった。この日が結婚記念日だった男性は妻に向けて「愛してるぜー」と力いっぱい声を出した。

 優勝したのは小城市から訪れた池田真奈美さん(41)と敏雄さん(40)。真奈美さんは「日ごろは出せない大声を出せてすっきりした。気分爽快」と笑顔だった。

 このほか、縦1・8メートル、横2・7メートルの布に絵や言葉を描くアート体験、竹や木を使った工作体験もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加