葉隠太鼓保存会の子どもたちが中心となり、「満天えびす」を披露した=佐賀市日の出の佐賀市文化会館

葉隠太鼓保存会の子どもたちが中心となり、「満天えびす」を披露した=佐賀市日の出の佐賀市文化会館

 9分野の邦楽芸能団体が競演する「第47回佐賀邦楽芸能祭」が6日、佐賀市日の出の佐賀市文化会館であった。吟詠や日舞、太鼓など16団体約500人が出演し、みやびな邦楽の響きと華やかなステージで客席を魅了した。

 約800人が来場した。今年は新元号「令和」を祝したプログラムを加えた。香雲堂吟詠精山会は、祝吟の代表曲「祝賀の詞」を女性3人による連吟で伸びやかに披露。太鼓3団体による合同編成では、子どもから大人まで22人が参加。威勢の良い掛け声とともに、リズミカルなばちさばきで観客を盛り上げた。

 佐賀邦楽芸能協会が毎年1回同芸能祭を開いている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加