松本さん(中央)と購入者向けのサイン会に参加したファン=佐賀市の佐賀玉屋

 「銀河鉄道999」などの作品で知られる漫画家・松本零士さんのトークショーが5日、佐賀市の佐賀玉屋であった。松本さんは、漫画ファンや買い物客らを前に、作品の裏話や地元の北九州市小倉での思い出などを語った。

 松本さんは「『銀河鉄道999』は自分自身みたいなもの」と代表作を説明した。登場人物の星野鉄郎について、自分が18歳で上京したときの「死んでも帰らない」という気持ちを込めたことなど話した。自らの負けん気が強い性格については「後には引けない」という九州男児のプライドがあると紹介した。

 トークショー後のサイン会で色紙を手にした島本大輔さん・由希子さん夫婦=八女市=は「九州に縁がある話を聞けてよかった。サインはこれからの励みになる」と声を弾ませた。

このエントリーをはてなブックマークに追加