外国人住民のコミュニケーション支援や多文化共生を学ぶ自治体職員の研修会が4月25、26の両日、佐賀市白山の佐賀商工ビルで開かれた。県内20市町の担当職員らが、講師から今後の地域づくりのヒントを得た。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加