本格的な大雨シーズンを前に、鳥栖市は洪水や土砂災害の恐れのある箇所を図示したハザードマップを、9年ぶりに作り替えた。3万部作成し市内全世帯に配布する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加