カラツレオブラックスの選手と対戦する参加者=佐賀市のモラージュ佐賀

カラツレオブラックスの選手と対戦する参加者=佐賀市のモラージュ佐賀

カラツレオブラックスの選手と対戦する参加者=佐賀市のモラージュ佐賀

ディレイル・グリーン選手のドリブルを防ごうとする男の子=佐賀市のモラージュ佐賀

参加者と3×3を楽しむ原慎也選手=佐賀市のモラージュ佐賀

 唐津市を拠点に活動する3人制バスケットボールのプロチーム「カラツレオブラックス」は2日、佐賀市のモラージュ佐賀で体験教室を開いた。小中学生約50人がドリブルやシュート練習を通して、バスケの楽しさを味わった。

 3月に全国大会で日本一に輝いたレオブラックスから原慎也、ジェイソン・カーター、ディレール・グリーンの3選手が指導。素早いドリブルや正確なシュートなどのコツを教え、ミニゲームではスリーポイントシュートや巧みなフェイントを披露し、会場を沸かせた。

 参加した大塚・嵐・ジョーさん(14)は=佐賀市=「プロと対戦できてうれしかった。今後の見本にしたい」と満足げだった。島川潤太さん(10)は=同=「ミニゲームが一番楽しかった。選手のスリーポイントシュートを見習いたい」と笑顔を見せた。

 指導した原選手は「子どもたちに元気をもらった。1年中プレーを見せ、認知度を高めていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加