アジア太平洋戦争の戦死者を遺族らが追悼した=伊万里市大川町の淀姫神社

 佐賀県伊万里市大川町の淀姫神社で3日、戦没者慰霊祭が行われた。アジア太平洋戦争で戦死した町出身者の遺族ら約100人が参列し、不戦平和の誓いを新たにした。

 祭典委員長の古谷幸一さん(67)が「昭和、平成、令和と時代は変わるが、変わってはいけないこと、忘れてはいけないことがある。戦争の記憶を次世代に引き継がなければならない」と祭詞を述べた。国会議員や県議らも参列し、哀悼の意を示した。

 慰霊祭は町区長会の主催。23日には伊万里市の戦没者追悼式が市民センターで開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加