旧田代家西洋館二階の展示風景

 大型連休も終わり、令和として迎える初めての日常的な生活が幕を開ける。天皇陛下の生前退位に伴う改元で、平成の始まりのような自粛ムードではないため、新しい時代を祝う気分にあふれている。この令和の時代も、平成と同様に戦争のない平和な時代が続くことを願う。

 ところで、この平成から令和へと移った大型連休に合わせ、旧田代家西洋館(有田異人館)では、特別展「よみがえるレトロモダン」を開催中である。これは昨年12月25日に国の重要文化財に指定されたことを記念したもので、町内外のより多くの方々に西洋館に親しんでいただくため、あえて陶器市期間を挟んでの開催としている。

 「テーブルコーディネートで魅せるアリタモダン」のサブタイトルの通り、それぞれ西洋館と関わりのある「明治」「輸出」「和洋折衷」「海外」のテーマを設定。明治9(1876)年の建築当初に復元したレトロな空間と、現代的なテーブルコーディネートを融合させ、いわば「アリタモダン」な空間を表現。現代の有田の技が光る展示品により、逆に建物の魅力を引き立たせようという試みである。

 会期は5月12日(日)まで。入館料は無料で、午前10時から午後4時まで。まだご覧になってない方は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。(有田町教育委員会学芸員・村上伸之)

このエントリーをはてなブックマークに追加