「あなたが優しく差し伸べたその手は、怖いものかもしれません」-。佐賀清和高3年の宮原里於さん(17)は、障害者や他国のことを理解せずに広がる偏見の怖さを自身の弁論に込めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加