鳥栖-大分 試合前にサポーターに挨拶するサガン鳥栖の金明輝コーチ=大分市の昭和電工ドーム大分

 サッカー・J1サガン鳥栖のカレーラス監督が成績不振を理由に“解任”され、チームは金明輝次期監督のもと新たなスタートを切る。なかなか調子にのれない中、選手たちはそれぞれの思いで監督交代劇を見守った。 カレーラス前監督と同郷で、ここまで無得点のFWトーレスは「偉大な監督で、攻撃的なサッカーのアイデアを持って取り組んでいた。それが機能しなかったのは、監督だけでなく、チーム全員の責任」と受け止める。

 前指揮官が才能にほれ込み、17歳ながら多くの試合で先発に抜てきされたMF松岡は「使ってもらった中で結果が出せず申し訳ない。今後の試合で結果を出すことが恩返しになる」と自らを奮い立たせた。

 DF藤田は「代えてすぐ結果でるような甘い世界ではない。時間も必要でしょうし、忍耐力も必要。ゼロからではないが、もう一回、チームをつくっていく上で、今まで以上のパワーが必要」と厳しく見つめる。

 J1昇格以降、チームはかつてなかったほど混迷している。この状況を抜け出すには、チーム全員で意思統一を図ることが重要になる。トーレスは「グループとして進んでいく方向性を確認して団結する。昨年の試合のことも思い出しながら、チームのハートをもう一度取り戻す」と巻き返しを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加