PK戦の末に決勝進出を決め、喜ぶ佐賀大の選手たち=佐賀市の県総合運動場球技場

 天皇杯全日本選手権の県予選を兼ねた第24回佐賀県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、佐賀新聞社・共同通信社共催)第2日は5日、佐賀市の県総合運動場球技場で準決勝2試合があり、佐賀LIXILFCと佐賀大が決勝に進んだ。

 佐賀LIXILFCは前半12分にMF時田元気のゴールで先制。1点リードで迎えた後半には一挙6得点し、エフトブルスFCに8-1で大勝した。川副クラブと対戦した佐賀大は、延長前半にMF山下稀弘のゴールで3-2と勝ち越したものの終盤に追いつかれた。10人目までもつれたPK戦を9-8で制し、決勝への切符をつかんだ。

 最終日は12日午後1時から、同球技場で佐賀LIXILFC-佐賀大の決勝がある。

▽準決勝

佐賀LIXILFC 8(2-1、6-0)1 エフトブルスFC
▽得点者【佐】時田2、武部、秀島、橋口、三宅、砂田、清田【エ】山本

佐賀大 3(1-2、1-0)3 川副ク
延長(1-0、0-1、PK9-8)
▽得点者【佐】横下、平形、山下【川】田中2、武生

このエントリーをはてなブックマークに追加