先陣を切り、巡行に出発する1番曳山「赤獅子」=5日正午ごろ、唐津市の唐津神社前(撮影・米倉義房)

唐津くんちの1番曳山(やま)「赤獅子」(刀町)の創建200年と天皇陛下即位を祝う「祝賀奉曳(ほうびき)」が5日、唐津市で行われた。14台の曳山と曳(ひ)き子約3千人が秋のくんちさながらに、勇壮に旧城下町を練り歩いた。大型連休の終盤で好天にも恵まれ、沿道には人垣ができ、唐津曳山(ひきやま)取締会によると、11万人が見物した。

 奉曳は、例年11月4日に実施される「町廻(まわ)り」と同じ約8キロのコース。出発前の市民会館前広場では、取締会の大塚康泰総取締の発声で、伊勢神宮や皇居がある東を向いて万歳三唱があり、赤獅子から餅まきも行われた。

 正午の合図で赤獅子を先頭に出発し、曳き子たちは「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声で、威勢よく町を練り歩いた。夕刻にはすべての曳山が巡行を終えた。

 巡行後に市内で開かれた赤獅子200年記念祭祝賀記念式典で辻幸徳実行委員長は「曳山行事は貴重な文化遺産。誇りを持ち、次世代へと引き継ぐよう精進を重ねる」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加