遠慮がちに竹刀で面をたたくインドネシアの生徒たち=唐津東中

 インドネシアの中学生31人が4月25日、唐津市の唐津東中を訪問(ほうもん)し、両校の生徒が交流しました。互(たが)いに自国の文化を紹介(しょうかい)し合い、理解(りかい)を深めました。

 交流会で首都ジャカルタの中学校「ラブスクール」の生徒は、神様への感謝(かんしゃ)を伝える伝統(でんとう)的な踊(おど)りを披露(ひろう)しました。唐津東中の生徒は唐津くんちの映像(えいぞう)を流し、英語で地域(ちいき)の魅力(みりょく)を伝えました。

 剣道(けんどう)の体験では、インドネシアの生徒たちが竹刀(しない)を持ち、防具(ぼうぐ)を着けた同中剣道部にメンを打(う)ち込(こ)みました。ブンガ・チンタさん(12)は「剣道は動きがかっこよかった。頭をたたいたけど痛(いた)くないようですごかった」と話していました。

 唐津東中が現地(げんち)のNPO法人の依頼(いらい)を受け、4年前から交流しています。(4月26日付19面)

このエントリーをはてなブックマークに追加