フォトスポットで特大当たり棒を手に記念撮影する家族連れ=佐賀市のJONAI SQUARE

 竹下製菓(小城市)の人気アイス「ブラックモンブラン」の製造・販売50周年を記念するイベントが佐賀市城内のサガテレビ1階JONAI SQUAREで開かれている。ブラックモンブランの特大フォトスポットがイベントに合わせて初めてお目見えし、家族連れなどが記念撮影を楽しんでいる。入場無料。6日まで。

 フォトスポットでは、実物の10倍サイズ(長さ150センチ)の特大当たり棒と一緒に撮影できる。記念撮影していた佐賀市の吉田玲美さん(42)は「イベントがあると知り、小さいころ食べていたなと懐かしくなって来た」と話していた。

 ブラックモンブランは1969年5月7日、佐賀市道祖元町で製造・販売したのが始まり。当時はアイスも棒も円柱状で、チョコとクランチ付けは手作業。アイスキャンデーが5円や10円で売られていたころ、1本20円で販売したという。

 会場には、アイスに当たりくじを付ける原型になった、竹下製菓が1950年代に販売したキャラメルの当たりカードや、アイスの棒に当たりを付ける焼き印なども展示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加