令和元年初日。日の出時刻に合わせて万歳する人たち=1日午前5時33分、大町町のボタ山わんぱく公園

 日の出を観賞し、神社に参拝。顔を合わせると「おめでとうございます」とあいさつする人も。令和の幕開けとなった1日は新年を迎えたような雰囲気に包まれ、気持ちを新たにする人たちの姿があった。

 大町町のボタ山わんぱく公園では日の出観賞会があり、夜明け前に約300人が集まった。徐々に東の空が赤く染まり、雲の切れ目から差し込む朝日が参加者を照らした。9歳の娘を連れた同町の中川悦子さん(39)は「令和はこの子たちの時代。きょうが思い出になれば」と話した。

 佐賀市の佐嘉神社では多くの参拝客が訪れ、「平和」や「家族の健康」など新しい時代へ期待を込めて手を合わせた。境内には令和初日の御朱印を求め、参拝客の列もできていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加