佐賀県や佐賀新聞社などが子育て支援団体に贈る「ばぶばぶ基金」の助成団体が決まった。唐津市放課後児童支援員会(唐津市)、子どもの居場所づくりを進めるNPO法人スッカセンカ(佐賀市)、ひとり親家庭をサポートするスマイルキッズ(同)の3団体で、それぞれ10万円支援する。

 唐津市放課後児童支援員会は、放課後児童クラブの資向上に向け、支援員同士の情報共有を図る。スッカセンカは、子どもの居場所の運営や同じ取り組みの団体との連携強化に努める。スマイルキッズは、ステップファミリーやひとり親家庭の課題を解決するため、交流などを支援する。

 ばぶばぶ基金は、佐賀新聞社が県の委託で取り組む「子育て応援の店事業」で、県内に設置した自動販売機の売上金の一部を充てる。贈呈式は5月中旬を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加