とんさんえびす祭りであった巫女神楽=佐賀市の松原恵比寿社 

 佐賀市松原の松原神社境内にある松原恵比須社の鎮座建立を記念した「とんさんえびす祭り」が3、4の両日、開かれた。「とんさんえびす」と呼ばれる高さ2・5メートルの巨大えびす像を前に、市内外から訪れた人たちは平和な日々や地域の発展を願った。

 3日の宵宮祭は、約300個のちょうちんがともる中で神事があった。4日の御鎮座記念祭祭典では巫女による神楽奉納などの後、「恵比須DEまちづくりネットワーク」の永原光彦副代表らが玉串をささげた。福岡県八女市から家族4人で訪れた梅野憲策さん(82)は「家族の安全と繁栄、世界平和を願った」と話した。

 祭りは今年で14回目。市内に約800体あるとされるえびす像と共に、地域の安寧や発展を願っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加