鳥栖-湘南 前半6分、シュートを放つ鳥栖MFクエンカ(右)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 4月はリーグ戦4試合を全敗、ルヴァン・カップは1分け1敗で終えた。リーグ戦では1ゴールも奪うことができず、開幕9試合で挙げた得点もわずか1。深刻な得点力不足に陥っていることが不振の最大の要因だ。

リーグ戦4試合を全敗

【リーグ戦】

■第6節・ベガルタ仙台戦

 鳥栖はミスから失点を重ね、仙台に今季初勝利を献上した。前半15分、FWジャーメインに頭で押し込まれた。好機もあったが、相手GKの好セーブに阻まれた。後半に入ってゴールをこじ開けられないでいると9分、自陣ゴール前でのパスミスから追加点を許し、ロスタイムにも失点した。

■第7節・川崎フロンターレ戦

 3試合連続無得点の鳥栖が最下位に転落した。前半、鳥栖は激しいプレスをかけて相手に自由を与えず、逆に最終ラインから前線への縦パスを使って攻め込んだ。スコアレスで迎えた後半6分、鳥栖は相手のパスに守備陣形を崩され、FW知念に先制点を献上。以降は中盤の運動量が落ち、攻守のバランスを失った。

■第8節・松本山雅FC戦

 鳥栖は決定力を欠き、4試合連続無得点で3連敗を喫した。前半、松本の激しいプレスにボールを収めきれないでいると、10分、FW前田に先制点を許した。1点を追う鳥栖は後半、三丸、原の両DFを中心にサイドから攻め込んだ。6分、三丸のクロスからMF高橋秀がシュートを放ったがGKの正面に。以降も好機はつくったが、決定力を欠いた。

■第9節・湘南ベルマーレ戦

 鳥栖は5試合連続無得点に終わり、4連敗を喫した。前半早々の1分、DF藤田が相手選手との接触により負傷。交代を余儀なくされた。後半、トーレス、イバルボの両FWを送り込んだが得点を奪えず、14分に先制点を決められ、後半終了間際にも追加点を許した。

【ルヴァン・カップ】

■第3節・FC東京戦

 鳥栖はFC東京と互角の試合を演じたが、相手MF久保のフリーキック一本に屈した。スコアレスで迎えた後半、MFクエンカを投入し攻勢を強めた。10分、FW小野が中盤から持ち上がって最後はMF高橋秀が左足を振り抜いたが、相手DFに阻まれた。逆に39分、ペナルティーエリアのすぐ横でフリーキックを与え、久保に直接決められた。

■第4節・ベガルタ仙台戦

 鳥栖は公式戦で6試合ぶりにゴールを奪った。前半43分、MF安庸佑(アン・ヨンウ)のスルーパスに反応したFW趙東建(チョ・ドンゴン)がGKとの1対1を冷静に決めて先制に成功。後半は相手に押し込まれる展開となり、13分、CKの流れから同点弾を決められた。鳥栖も相手ゴールに迫ったが、勝ち越すことはできなかった。

 

【リーグ戦】

■第6節

(6日・ユアテックスタジアム仙台)

鳥 栖 00-10-23 仙 台

▼得点者【仙】ジャーメイン、兵藤、ハモン

 

■第7節

(14日・駅前不動産スタジアム)

鳥 栖 00-00-11 川 崎

▼得点者【川】知念

 

■第8節

(20日・サンプロアルウィン)

鳥 栖 00-10-01 松 本

▼得点者【松】前田

 

■第9節

(28日・駅前不動産スタジアム)

鳥 栖 00-00-22 湘 南

▼得点者【湘】大橋、梅崎

 

【ルヴァン・カップ】

■第3節

(10日・秩父宮ラグビー場)

鳥 栖 00-00-11 FC東京

▼得点者【F】久保

 

■第4節

(24日・ユアテックスタジアム仙台)

鳥 栖 11-00-11 仙 台

▼得点者【鳥】趙東建【仙】長沢

 

<振り返りVOICE>

【リーグ戦】

■第6節・ベガルタ仙台戦

 FW小野裕二(今季初出場) (途中出場で)ゴールに向かうプレーを増やそうとしたが、チームとしても個人としてもボールを保持する時間が少なかった。

■第7節・川崎フロンターレ戦

 FWフェルナンド・トーレス(けが明けで3試合ぶりの出場) チームがこういう苦しい状況の中試合に出られないのはつらかった。常に自分たちのやることに自信を持って続けていくだけ。

■第8節・松本山雅FC戦

 MF高橋義希(地元・長野で250試合出場達成) 出身の地であり思い出の場所で何とか勝ちたかった。どんな形であれ勝つ試合をサポーターに見せたい。

■第9節・湘南ベルマーレ戦

 DF小林祐三(急きょの出場も攻守に貢献) やるべきことはたくさんある。負けている時、周りのせいにすると頭がクリアにならない。そういう状況でピッチに入らないことが大事。

 

【ルヴァン・カップ】

■第3節・FC東京戦

 GK高丘陽平(終盤まで好セーブでチームを支える) (決勝のフリーキックを決められた場面は)個人、チームの守り方がうまく整理されていなかった。一人一人が足りないものを考え、改善していかなければ。

■第4節・ベガルタ仙台戦

 FW趙東建(チームとして約1カ月ぶりのゴール) ヨンウ(MF安庸佑)がいいパスをくれ、ワンタッチ目を落ち着いてコントロールし打つことができた。しっかり準備をしてリーグ戦でも結果を出したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加