【きょうの催し】

 志田焼の里博物館春まつり(4日も、嬉野市塩田町の志田焼の里博物館)◆国の名勝 九年庵春の一般公開(5日まで、神埼市神埼町の九年庵)◆神埼そうめんまつり(5日まで、神埼市郡の吉野ケ里歴史公園「市の広場」)◆とんさんえびす祭(4日も、佐賀市松原の松原恵比須神社)◆西日本ジュニア・ユース交流セーリング選手権大会(5日まで、唐津市二夕子の県ヨットハーバー)◆第47回県中学生女子ソフトボール選手権大会(5日まで、佐賀市大和町の大和中央公園)

【巡回車】

 (4日)

 ◆献血車 9~15時半=有田町東出張所

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【告知板】

 ◆しょうりゅうのつどい

 (11日17~18時、佐賀市白山の佐賀商工ビル7階)子どもの頃に虐待を受け、今でも苦しい思いをしたり、さまざまな問題を抱えている大人の女性同士が体験談を語り合い、支え合う場。女性限定、毎月第2土曜開催。

 ◆第158回 塚崎・唐津往還を歩く会

 (12日10時、長崎県平戸市の松浦鉄道たびら平戸口駅集合)「平戸への道」シリーズ6回目、最終回は「平戸・松浦公の城下町、平戸を行く」と題して、たびら平戸口駅から日ノ浦本陣跡を通って平戸大橋を渡り、平戸城下を地元のガイドの案内で散策する。約8キロ。

 昼食は平戸港交流広場周辺。終了後はバスでMRたびら平戸口駅へ移動する(バス代290円各自負担)。資料代300円。弁当、水筒各自持参。雨天決行。同会事務局の馬場さん、電話0954(22)2820。

 ◆第23回石工の里ふれあいウオーキング

 (18日8時半、小城市牛津町寺町の永福寺集合)牛津町砥川地区の石像物をたどる約10キロの散策イベント。永福寺を発着点に、33体の石仏がある空山観音堂、仏舎利塔などを巡る。江戸時代の石工集団が残した石仏の保護や継承を目的に、「うしづ石工の里を未来に伝える会」が主催。毎回30~40人が参加している。16時終了予定。参加費500円(資料、保険代を含む)。雨天の場合は石工の里に関するビデオを永福寺で上映する。

【LIVE】

 ◆子どものためのワンコイン・コンサート

 (6月1日14時半~、佐賀市天神のアバンセホール)県内在住の音楽教師や音楽教室講師、演奏家などからなる「若い音楽家の集い」が、年間で2回開いている。子どもたちに100円でクラシックの生演奏を聞いてもらおうと1975年に始まった。

 独奏・独唱はピアノ、アルトサックス、トランペット、チューバ、マリンバ、ソプラノ。アンサンブルはソプラノ二重唱、ピアノ連弾、合唱。吉原さん、電話0952(31)3233。

このエントリーをはてなブックマークに追加