我が家の防災対策

読者投稿

家族がバラバラの場所に居ても、避難場所を決めていて、必ずそこに集まるように話し合っている事と、食料や水など5日分程は常に置いてます。

(佐賀市  K・S)

 

とても古い建物なので、台風対策に屋根にノリアミをかけてます。

(佐賀市  T・K)

 

まずは地震保険に入りました。あとは水のくみ置きを準備しています。それからキャンプ用品も持っていますので、少しは大丈夫かと思います。火事に対しては、火災報知器を付けています。台風が来る時は、家の周りを片付けて、犬を家に入れます。

(唐津市  O・F)

 

飲み物や食べ物など、備蓄しつつ、賞味期限近くになると食べたり飲んだりして、また備蓄するの繰り返し。

(佐賀市  A・N)

 

裏山の水が流れる溝を、時々スコップで掘り直す。

(唐津市  H・O)

 

視力が悪く、コンタクトか眼鏡がないと生活できないので、車の中に古い眼鏡を入れている。

(武雄市  M・O)

 

車のトランクに水と日用品を常に積んでます。

(小城市  A・O)

 

備蓄はもちろんですが、車はガソリンメーターが半分になったら満タンにしています。

(伊万里市  T・I)

 

手回し式ラジオを昨年買い足しました。子どもがいるので、家の中、車庫に分散して買い置きのオムツを置いてます。

(神埼市  C・N)

 

台風には東側に竹を植えて風の影響を少なくしている。火事はオール電化でまず火は出ない。地震に備えて木造木組みの耐震構造にしている。

(佐賀市  I・K)

 

防災グッズを購入して、寝室に置くようにしてます。姉は熊本地震を経験したので、靴はいつも枕元に置いてるそうです。

(佐賀市  K・M)

 

ガスの元栓は調理するときに開けて、使用しないときは必ず閉めています。また、地震対策としては、寝る場所に物を置かず、非常用のバッグを用意しています。

(佐賀市  Y・T)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加