平成は災害の時代でした。平成28年4月の熊本地震は記憶に新しく、近年の豪雨災害なども含め、地震や水害の危険は私たちのすぐそばにあります。新しい時代を、安心して生きるために-これまでの経験を生かして、今、できることから備えましょう。

 

災害にそなえる

◎地震にそなえる

佐賀県周辺の主要な活断層分布図(佐賀県地域防災計画より)

 台風や豪雨と違って、地震は予想が難しい災害です。求められるのは、日頃からの備え。例えば、自宅の家具の置き方や固定方法、食料や飲料水などの備蓄、住居から避難所までの安全な避難経路の確認など、まずは、身の回りのできることから始めてみましょう。県内にも複数の活断層が走っており、大地震が起きる可能性があります。

 

 

◎自主防災組織とは?

 
多久市栄町区の自主防災組織が作成した防災マップ。災害発生時の避難経路や土砂災害警戒区域などを紹介している

 

 県内各地域で、地域住民が協力・連携し「自分たちの地域は自分たちで守る」という考えから「自主防災組織」が結成されています。平常時は災害に備える活動を、災害時には被害を最小限に抑える行動を、復旧・復興期には、自分たちのまちの再生に向けた取り組みを行います。

 

【平常時の活動事例】

  • 防災知識の普及
  • 地域の災害危険箇所の把握
  • 防災訓練の実施
  • 日頃の備えの呼びかけ
  • 火気使用設備器具等の点検 など

【災害時の活動事例】

  • 災害情報の収集、住民への伝達
  • 出火防止と初期消火
  • 避難誘導
  • 被災住民の救出・救護
  • 給食・給水 など

 

◎ICTで災害情報を入手

| 防災・減災さが |

 災害発生時には、より正確で迅速な情報収集が求められます。佐賀県が管理するウェブサイト「防災・減災さが」は、避難情報をはじめ、最新の緊急情報を確認することができます。また、道路の通行規制情報や公共交通機関の運行状況、学校の休校情報まで幅広く網羅。もしもの時のために、ブックマークやお気に入り登録をしておくことをおすすめします。

 

「防災・減災さが」

 http://www.pref.saga.lg.jp/bousai/default.html

 

 

 

| 防災ネットあんあん |

 

 スマートフォン、ガラケー問わず、メールで防災情報を受け取ることができる「防災ネットあんあん」。注意報や警報などの気象情報をはじめ、地震や津波、台風、竜巻、河川・土砂災害警戒などの情報を提供しています。情報の種類や地域は個別に指定可能。事前の登録で、必要な情報をリアルタイムで受け取ることができます。

 

「防災ネット あんあん」

http://esam.jp/

 

 

取材協力/佐賀県 政策部 危機管理・報道局 消防防災課

このエントリーをはてなブックマークに追加