次男次女と一緒に

 「好きなイメージの海が唐津にあった」と松田弘衣(ひろえ)さん(38)。2年早く唐津に来た父の勧めで、唐津市長谷に移住し7年目。言葉の違いに戸惑ったけど大きな不安はなく、すぐ唐津を好きになった。子どもたちは雪が積もらないことをさみしがっていたが、魚がおいしく、山もあって冬は暖かくて過ごしやすい。植えてある木を見て「南に来た」と感じた。

 出身地の長野県安曇野市も観光地だけど、唐津に来てから魅力をもっと伝えたいと思うようになり、イベント運営にも関わっている。高校1年から2歳まで2男2女のお母さん。「唐津市の義務教育を考える会」の代表を務め、よりよい教育環境、学校づくりにも取り組んでいる。

(地域リポーター・宗真弓=唐津市鎮西町)

このエントリーをはてなブックマークに追加