改元を祝して限定発売された記念切手=佐賀市の中央郵便局

記念切手に「1.5.1」と記された日付印を押してもらう男性=佐賀市の中央郵便局

 新元号「令和」を迎えた1日、佐賀市松原の佐賀中央郵便局では、改元を祝う切手を購入して「1・5・1」(令和元年5月1日)の日付印を押してもらう人の姿が見られた。

 62円以上の切手に日付印を押して持ち帰ることができる。スタンプは2種類。日付と局名のみを記した日付印と、バルーンやムツゴロウ、反射炉と大砲が書かれた同局オリジナルの風景印が選べる。「令和」と「平成」の文字が並ぶ記念切手に押印をもらっていた村上浩紀さん(57)=小城市=は「平成は災害が多かったので、明るい時代になってほしい」と話していた。

 日本郵便は改元を祝う切手セット2種類を限定販売している。「令和」と「平成」の文字をあしらった82円切手2枚組(390円)と、書道家・武田双雲さんが「令和」としたためた82円切手5枚組・クリアファイル付き(1400円)がある。佐賀中央郵便局では2枚組と5枚組、県内7局では7日から5枚組のみ販売する。

このエントリーをはてなブックマークに追加