日本陸連は13日、アジア選手権(6月3~7日・武漢=中国)の日本代表として女子ハードルの紫村仁美(佐賀陸協)、同短距離の福島千里(北海道ハイテクAC)ら58選手を発表した

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加