昨年のJR九州大幅減便に続き、富士町などの路線バス再編を取材することになった。運営の効率化に運転手不足…理由はやや異なるが、少子化の影響で公共交通の利便性が低下していく事態は共通している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加