鳥栖市重要無形民俗文化財「宿(しゅく)の鉦浮立(かねふりゅう)」が29日、同市宿町の船底神社に奉納された。夜来の雨の合間を縫う形で、急きょ予定を4時間ほど繰り上げて、午前8時半ごろから演舞した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加