創立70周年記念式典で活動内容などを紹介するメンバー=佐賀市の願正寺

 ボーイスカウト佐賀第1団の創立70周年記念式典が28日、佐賀市の願正寺であった。団員や保護者ら約50人が出席し、青少年の健全育成の一翼を担ってきた長年の功績をたたえ、節目を祝った。

 同団は1949年に佐賀県で初めて、全国で13番目に設立。野外活動で協力する心を身につけ、募金活動やボランティアへの参加で奉仕の精神を育んできた。

 式典で、石井二三夫団委員長が「指導者の献身的な努力で70年を迎えることができた。これからも活動に励む」とあいさつ。佐賀市社会教育課の山口弘一課長らが「幾多の困難を乗り越えて活動を続けてきた。これからも精神を受け継いで素晴らしい人材を多く輩出してほしい」と祝福した。

 功労者3人に感謝状が渡され、式典後の祝賀会ではこれまでの思い出話にふけっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加