集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法が来月施行されるのを前に、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)を務めた柳澤協二氏(69)が27日、佐賀市内で講演、日本が戦争に巻き込まれる危険性を指…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加