シエマバーガー

 1960年代、佐賀市松原地区には、約10軒の映画館が密集していた。現在ではミニシアター系の「CIEMA」だけが営業しており、世界各国の作品を上映している。CIEMAは2007年の開館当初からカフェも併設している。

 カフェの人気メニューは、粗挽き牛肉パティに県産レタスとトマトにピクルスとベーコンをベーグルで挟んだ「シエマバーガー」(550円)。ソースはシーザードレッシングに加えケチャップなど数種類で味付け、濃厚かつ重厚なファストフードに仕上がっている。

 同館で調理を担当する江頭紗綾子さんは、「映画を見ながら食べられるので、男性には人気」と話す。女性は、ハムとチーズなどを合わせた「ホットサンド」(500円)がお気に入り。また、ランチメニューとしてチキングリーンやルー数種類を合わせたカレーなどを550~750円で味わえる。

 また江頭さんはパティシエとしてお菓子づくりも得意。ティラミス(350円)やフランス・ボルドー地区の銘菓「カヌレ」(170円)も手作りで販売。また、カフェの全メニューが館内に持ち込めるため「作品と食事、両方ともじっくり味わえます」と江頭さんは来館を呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加