佐賀県と友好関係にある韓国・全羅南道の教育行政のトップが24、25日、県内の小中学校などを視察した。少子化で廃校が増える全羅南道の課題を見据えて、小規模校や小中一貫の義務教育学校を見学。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加