国土交通省は26日、土砂災害の恐れがある全国約67万区域のうち94%で、2018年度末までに土砂災害防止法に基づく危険性の基礎調査が終わったと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加