男子グレコローマン87キロ級3位決定戦 ウズベキスタン選手(左)と対戦する角雅人=西安(共同)

 【西安共同】レスリングのアジア選手権第5日は27日、中国の西安で男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、55キロ級で片桐大夢(拓大)は初戦の2回戦で韓国選手、準決勝でカザフスタン選手を下したが、決勝でウズベキスタン選手に敗れて銀メダルだった。

 87キロ級で昨年2位だった鳥栖工高出身の角雅人、77キロ級で小路直頌(以上自衛隊)はともに2回戦で敗れて敗者復活戦を勝ったが、3位決定戦で屈し、銅メダルを逃した。

 63キロ級の山田義起(日体大)は2回戦、130キロ級の河野隆太(あづまフーズ)は1回戦で敗退した。

 

■「恐怖心が出た」

 男子グレコローマンスタイル87キロ級で昨年2位の角は3位決定戦には進んだが、メダルに手が届かなかった。ウズベキスタン選手に歯が立たず「相手は自信満々だった。そう思われるようじゃ勝負にならない」と潔く敗戦を受け入れた。

 初対戦という相手に開始早々から技を仕掛けられ「恐怖心が出た」。その後もビッグポイントを奪われるなど、反撃できずにテクニカルフォール負け。2020年東京五輪出場を目指し「一つイメージをもらえた。隙のないレスリングをやっていくことが大切」と気持ちを切り替えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加