佐賀市川副町の住民らでつくる「オスプレイ反対住民の会」(古賀初次会長)は、5月26日午後1時半から、決起集会を同町のスポーツパーク川副体育センターで開く。自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画問題について意見を交わす。

 会が発足した2015年から毎年開き、今回で5回目となる。川崎直幸佐賀市議が「活動の総括と今後の展開」(仮題)と題して講演する。徳光清孝県議、江口善紀県議が来賓として出席する予定で、地元のノリ漁師や農家らによるリレートークもある。古賀会長は「(昨年8月に)受け入れを突然表明した知事は『漁業者に寄り添う』と言うが、説明や意見聴取をじかにしたとは聞かない。集会では地元の声を発信したい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加