好天に恵まれた10連休初日。行楽地は多くの家族連れでにぎわった=神埼市郡の吉野ケ里歴史公園(撮影・山口源貴)

 初の10連休となるゴールデンウィーク(GW)が27日、スタートした。爽やかな好天に恵まれ、佐賀県内の行楽地や商業施設では、観光客や家族連れでにぎわった。

 吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)では、草原で元気いっぱいに遊ぶ子どもたちや、バーベキューを楽しむ家族連れの姿が見られた。福岡県の片岡綾音さん(11)は「歴史の授業で遺跡に興味を持った。実物の土器を見たい」と話した。

 御船山楽園(武雄市)では、朝からマイカーや観光バスが次々に到着。園内では、見ごろがクルメツツジからヒラドツツジに移り、大藤やモミジの新緑が彩りを添える。北九州市から長崎の実家への帰省途中に訪れた島田恵美子さん(54)は「景色がとってもきれい。今度は紅葉の時期にまた来たい」と娘と一緒に散策を楽しんだ。

 鳥栖プレミアム・アウトレット(鳥栖市)では、県内外から多くの買い物客が訪れ、お目当ての品を探していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加