14歳以下のテニスの国際大会予選「ロード トゥ ウインブルドン ジャパン2019」最終日は27日、佐賀市のグラスコート佐賀で決勝があり、福原聡馬(唐津市・太閤テニスクラブ)は高橋凛羽(神奈川)に2-6、0-6のストレートで敗れ、優勝はならなかった。福原は2位以内に入り、8月に英国・ウィンブルドンで開かれる本大会への出場権を獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加