委嘱状を受け取る大学生=佐賀市松原の市青少年センター

 佐賀県(けん)警(けい)は20日、非(ひ)行(こう)に走ったり犯(はん)罪(ざい)被(ひ)害(がい)に遭(あ)ったりした少年少女の立ち直りを支(し)援(えん)する「少年サポーター」を、佐賀大生20人に委(い)嘱(しょく)しました。学生は年22回、県内各地で子どもたちとスポーツ活動や農業体験などで交流し、寄(よ)り添(そ)いながら支援します。任(にん)期(き)は1年。

 委嘱式が佐賀市青少年センターであり、陣内学(じんのうちまなぶ)生活安全部長が「傷(きず)ついた少年の立ち直り支援は、当事者と保(ほ)護(ご)者、地(ち)域(いき)社会の強い絆(きずな)のもと、寄り添った活動が大切」と呼(よ)び掛(か)け、出席した18人の学生一人一人に委嘱状(じょう)を手(て)渡(わた)しました。

 初めてサポーターに就(しゅう)任(にん)した宮(みや)崎(ざき)莉(り)緒(お)さん(20)=2年=は「子どもたちの本当の気持ちをくみ取れるよう耳を傾(かたむ)け、活動していきたい」と話した。

 委嘱式後に研(けん)修(しゅう)会があり、学生たちは心(こころ)構(がま)えなどについて学びました。(21日付21面)

このエントリーをはてなブックマークに追加