最優秀賞に輝いた中原小の「なかばる」(右)と山内中の「おやつばめ」

 県内の小中学校PTAや育友会が発行する新聞の「第40回佐賀県小中学校PTA新聞コンクール」(県PTA連合会主(しゅ)催(さい))最終審(しん)査(さ)会(かい)が17日、佐賀新(しん)聞(ぶん)社で開かれ、最(さい)優(ゆう)秀(しゅう)賞(しょう)には中原小(みやき町)の「なかばる」と山内中(武雄市)の「おやつばめ」が選ばれました。

 県内の小学校57校と中学校41校が応(おう)募(ぼ)しました。最終審(しん)査(さ)では、1次審査を通(つう)過(か)した小中学校の各10点について、県PTA連合会の新聞編(へん)集(しゅう)委員ら20人がデザインや内(ない)容(よう)を吟(ぎん)味(み)しながら選びました。

 「なかばる」は新しくなった学校の給食室の内部を調(ちょう)査(さ)し、「おやつばめ」は生徒が将(しょう)来(らい)の自分にメッセージを書くなど、それぞれ特(とく)徴(ちょう)あるアイデアが高く評(ひょう)価(か)されました。

 審(しん)査(さ)委(い)員(いん)長(ちょう)の澤(さわ)野(の)善(よし)文(ぶみ)・佐賀新聞社編集本部長は「中原小は食育に力を入れている学校らしく、給食やわが家の人気メニューを掲(けい)載(さい)し、給食担(たん)当(とう)からは家庭や子どもたちに向け「食」の重要性(せい)も呼(よ)び掛(か)けるなど企(き)画(かく)力が光った。山内中は卒業生が大人になった10年後の自分に呼び掛ける特集が目を引くとともに、お年(とし)寄(よ)りやOB、OGとの交流をきめ細かく伝え、地(ち)域(いき)と一体となった学校づくりに努めていることが伝わってきた」と講(こう)評(ひょう)しました。(19日付18面)

このエントリーをはてなブックマークに追加