「何かあったらすぐ連絡してね」。新年度スタートの4月はじめ、嬉野市内の学童保育で、支援員に声をかける女性の姿があった。 女性は市の担当課職員ではなく、市社会福祉協議会の坂口典子事務局長(67)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加