佐賀県は25日、地域福祉支援計画を巡る会合を県庁で開き、素案を推進委員会に示した。共生社会の実現に向けた取り組みの推進などを柱とし、本年度から2022年度までの4カ年計画で、9月までの策定を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加