九州新幹線長崎ルートの整備方式見直しを巡る与党検討委員会の会合に出席した山口祥義知事(手前右から2人目)=東京・永田町の衆院第2議員会館

 佐賀県の山口祥義知事は26日、九州新幹線長崎ルート与党検討委員会の会合に出席し、未着工の新鳥栖―武雄温泉間での新幹線整備を「求めていない」と拒否、武雄温泉駅での対面乗り換え(リレー)方式の長期化について「やむを得ない」と明言した。リレー方式の長期化を容認する発言は初めて。「短期間で結論を出せる問題ではない」とも述べ、JR九州や長崎県が求める全線フル規格を前提にした議論に反発した。検討委は従来通り、6月をめどに整備方式を絞り込む方針。

 会合は非公開で、都内で開かれた。複数の出席者によると山口知事は、武雄温泉―長崎間は新幹線、新鳥栖―武雄温泉間は在来線利用という合意事項を示し「佐賀県はぎりぎりの合意をしてきた」と指摘した。

 その上で新鳥栖―武雄温泉間について「県として新幹線整備を求めたことはなく、現在も求めていない」とした。さらに新鳥栖―武雄温泉間は全て県内区間で、地元負担を義務付けている整備新幹線を巡って地元自治体の県が整備を求めていない中で前に進むことは「あり得ない」と主張した。

 県が課題として例示してきた財政負担や在来線、ルート、地域振興の4点は「論点ではない」とも述べ、条件闘争をする意思がない点を改めて強調した。

 リレー方式の長期化への見解や、山陽新幹線への乗り入れによる「関西直通」ができなくなる点を委員から問われると、知事は「やむを得ない」との考えを示した。フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)を前提にした6者合意については「総括すべき」などと指摘したという。

 会合後、報道陣の取材に応じた山口知事は「佐賀県民のさまざまな声がある中で、今のスキーム(財源の枠組み)の中で短期的に、フル規格ということはわれわれとしては難しい。短期間的には無理だと申し上げた」と強調した。

 検討委の山本幸三委員長は「(JR九州、長崎、佐賀の)関係者から聴取を終えたので、委員間で議論を深めていきたい」とした。

 長崎ルートは武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り継ぐ方式で2022年度に暫定開業する。

【解説】世論背景に与党と対立

 佐賀県が本心を明らかにした。フル規格でもミニ新幹線でもなく、「リレー方式の長期化」。地元自治体が突き付けた「新幹線整備を求めない」とする判断は極めて重い。「リレー方式の長期化を避ける」ことこそが最大の目的である与党検討委員会との対立は避けられない形だ。

 フリーゲージトレインの頓挫以降、県は受け身の立場で、意図的に提案や主張を避けてきた。しかし、検討委が6月までにフルかミニ新幹線のいずれかに絞り込んで方向性を決めると表明したことで、危機感を強めた。山口知事は「県が条件闘争をしているという誤解」が広がることに懸念を抱き、26日の会合で「リレー方式の長期化はやむを得ない」と明言した。

 与党との対立をいとわない知事の後ろ盾になっているのは、新幹線を望まない県民世論だ。検討委の会合でも「県民の多くはフルを望んでいないのが実感だ」「私なりに民意を受けながら仕事をしている」と何度も繰り返したという。

 検討委は6月に方向性を決めるスケジュールに変更はないとしている。「方向性を示し、議論を喚起して県民世論を動かすしかない」と関係者。焦点は検討委が示す方向性の中身と、8月末の来年度予算の概算要求締め切りだ。与党は何としてでも環境影響評価(アセスメント)の関連経費を盛り込みたい考えで、それには整備方式とルートの決定が条件になるが、全く先は見通せない状況になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加