国民民主党と自由党の合併が決まった26日、国民の原口一博衆院議員(佐賀1区)は「野党結集の一里塚ができた」と述べ、野党連携の動きに期待を寄せた。

 野党連携の必要性を主張してきた原口氏は「国益と暮らしを損なう安倍政権を終わりにする。そのための野党共闘につなげていきたい」と話し、合併をその契機にしたい考えを示した。

 国民県連の山田誠一郎幹事長は「佐賀には自由党の地域組織はなく、これまで通りの組織運営で問題ない。与党に対抗し得る大きな塊をつくる第一歩。野党連携に弾みがつく」と期待する。一方で、「合流に対してはいろいろな考えの人がいる。これまで党を支えてきた人が離党しないように、党には誠意ある対応を求めたい」と懸念も示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加