九州新幹線長崎ルートの整備方式見直しを巡る与党検討委員会の会合に出席した山口祥義知事(中央)=東京・永田町の衆院第2会館

 佐賀県の山口祥義知事は26日、九州新幹線長崎ルート与党検討委員会の会合に出席し、「佐賀県はこれまでも新幹線整備を求めたことはなく、現在も求めていない」と主張した。

 都内で開かれた会合は非公開。山口知事は、県として新鳥栖―武雄温泉間について新幹線整備を求めたことはなく、現在も求めていないとした。その上で、新鳥栖―武雄温泉間はすべて佐賀県内の区間で、地元負担を義務づけている整備新幹線で、地元自治体である県が整備を求めていない中で前に進むことはあり得ないなどと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加