スリランカ・コロンボ市内で、通行する車両を調べる治安関係者=25日(共同)

 【コロンボ共同】スリランカの連続爆破テロを巡り同国保健省は25日、声明を発表し、359人とされてきた死者数について、100人以上少ない253人に訂正した。多くの遺体の損傷が激しかったことが原因としている。全ての遺体の検視を終了し、警察から死者は253人との報告があった。

 テロは21日、最大都市コロンボなどの教会や高級ホテルなどで発生。警察当局の情報として、犠牲者は現地在住の日本人高橋香さん(39)を含む359人とされていた。

 テロでは、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加