流し刺し網でサメを引き揚げる小山さん=4月8日正午ごろ、早津江川河口沖

 4月8日、テレビの収録のため漁船で有明海に出た。出会った漁船に近づいて撮影の許可を求めるのだが、簡単にはいかない。顔見知りの人もいたが名前を思い出せない。タコ縄漁を撮るつもりだったが、ほとんどの船は戻っていて見かけなかった。

 結局、エビ流し網、ガネかご、アンコウ網漁の船を収録した。チヌやヤスミを狙って流し刺し網に来ていた豊漁丸の小山豊さん(80)=鹿島市浜=は、「以前のごと潮の流れんけんが、海の濁らんで魚ん掛からん」とぼやき、「1回入れてすぐ揚げるけん、撮らんね」と言って網を投入した。

 十分ほどたって網を上げ始めるが、全く掛からない。しばらくしてサメが1匹掛かる。結局チヌもヤスミも掛からずサメ2匹だけだった。「あと半時間ばかいせんぎんとだめばい」と言って離れて行った。(写真家・中尾勘悟)

このエントリーをはてなブックマークに追加